ビーグレンの効果的な使い方と順番を解説!自信のある素肌を取り戻そう

ビーグレンの効果的な使い方と順番を解説!自信のある素肌を取り戻そうのサムネイル画像
口コミを中心に話題となっているビーグレンは、肌悩みへ高い効果があると評判になっています。ビーグレンの高い効果を発揮するためには、正しい使い方をするのが1番。間違った使い方をすると、十分な効果が発揮できないだけでなく、肌トラブルへつながることもあります。そこで今回はビーグレンの正しい使い方について、商品ごとに詳しく解説していきます。
更新日: 2019年05月31日
目次

女性の肌悩みを解決するビーグレン

様々な大人の肌悩みに注目したビーグレンは、独自の技術により肌悩みに効果的な商品を生み出しています。14種類あるビーグレンの商品の中から、それぞれの商品を組み合わせることにより、1人1人の肌悩みに合った適切なスキンケアを行うことが実現。ビーグレンは大人ニキビや毛穴・美白など幅広い肌悩みに対応しているスキンケアブランドです。

ビーグレンの基本的な順番

1.クレンジング(QuSomeナノオフ クレンジング)
2.洗顔料(クレイウォッシュ)
3.化粧水(クレイローション、QuSomeローション)
4.マッサージ美容液(QuSomeリフト)
5.美容液(Cセラム、QuSomeレチノA、QuSomeホワイトエッセンス)
6.目元用美容液(トータルリペア アイセラム)
7.ゲルクリーム(QuSomeモイスチャーゲルクリーム)
8.クリーム(QuSomeモイスチャーリッチクリーム、QuSomeホワイトクリーム1.9)

ビーグレンの基本的な使い方の順番はこちらの通りです。3種類ある美容液全てを使う場合には、Cセラム→QuSmeレチノA→QuSmeホワイトエッセンスの順で使いましょう。またクリームを2種類使う場合には、QuSmeホワイトクリーム1.9→QuSomeモイスチャーリッチクリームの順で使ってください。

正しいビーグレンの使い方

効果の高いビーグレンの商品でも、間違った使い方をすると本来の効果を発揮することはできません。なので正しいビーグレンの商品の使い方について、1つずつ確認していきましょう。

クレンジングの使い方

1.クレンジング剤を直径2~2.5㎝ほど手のひらに取る。
2.顔全体にクレンジング剤を伸ばし、内側から外側に向かって円を描くようになじませる。
3.ぬるま湯でよく洗い流し、クレンジング剤が残らないようにする

クレンジングの使い方はこちらの通りです。肌を濡らす前にクレンジング剤を使うことで、メイクをしっかり落とすことができます。ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使ったときには、まず目元用のクレンジングを使ってからビーグレンのクレンジングを使うと、メイクを残すことなくキレイに落とせます。

洗顔料の使い方

1.ぬるま湯で顔を濡らす。
2.さくらんぼ大の洗顔料を手に取り、両手で軽くなじませる。
3.顔全体をマッサージするように、優しく汚れになじむようにする。
4.ぬるま湯で洗顔料がなくなるまで洗い流す。

洗顔料の使い方はこちらの通りです。ビーグレンの洗顔料クレイウォッシュは、泡立てが必要ない洗顔料なので両手で洗顔料を軽くなじませるだけで、使うことができます。洗顔の際には、肌をゴシゴシとこすらないように優しく洗顔することを意識しましょう。

化粧水の使い方

1.直径3㎝ほどの化粧水を手のひらに取る。
2.両手に軽く化粧水をなじませたら、顔全体を手のひらで包み込み、優しく抑えるように化粧水をつける。
3.細かな目元・口元・鼻周りなどは、中指と薬指で押さえるように肌になじませる。
4.最後に手のひらで顔全体を包み込み、優しくハンドプレスをする。

化粧水の使い方はこちらの通りです。2種類あるビーグレンの化粧水ですが、どちらもこの使い方で問題ありません。肌の乾燥が気になるときには、気になる箇所に化粧水を重ね付けするのがおすすめです。

美容液の使い方

1.それぞれの美容液の適量を手のひらに取る
2.両手に軽く美容液をなじませたら、顔全体を手のひらで包み込み、優しく抑えるように美容液をつける。
3.細かな目元・口元・鼻周りなどは、中指と薬指で押さえるように肌になじませる。
4.最後に手のひらで顔全体を包み込み、優しくハンドプレスをする。

美容液の基本的な使い方はこちらの通りです。ただし例外としてマッサージ美容液のQuSmeリフトは、フェイスラインに沿ってマッサージをしながら美容液を肌になじませていくので他の美容液と使い方が異なります。

Cセラム・QuSomeレチノA・QuSomeホワイトエッセンスを日中に使う場合は、必ず紫外線を防止する効果のある商品と併せて使うようにしましょう。また、乾燥肌や敏感肌の場合には、少量で肌の様子を見ながら使ってください。

トータルリペアアイセラムは目元用の美容液となっています。目の周辺をマッサージしながら使うことにより、リフトアップやむくみに効果的です。

クリームの使い方

1.パール1~2粒ほどのクリームを手のひらに取る。
2.額・鼻・両頬・あごの5か所にクリームを乗せる。
3.顔の内側から外側に向かってクリームを伸ばす。目の周りは円を描くように優しく伸ばしていく。
4.手のひらで顔全体を優しく包み込み、ハンドプレスをする。

クリームの使い方はこちらの通りです。ビーグレンではゲルクリーム・クリーム併せて3種類の商品がありますが、どちらもこの使い方で問題ありません。注意点としてQuSmeホワイトクリーム1.9はハイドロキノンが配合されているため、夜のみ使用してください。ハイドロキノンは紫外線に当たってしまうと、酸化して肌が炎症などを起こすことがあります。

ビーグレンの使い方の注意点

評判のいいビーグレンの商品ですが、使うときには気を付けたいいくつかの注意点があります。注意点を守って使うことで、肌トラブルを防いで安心して使うことができます。

必ずパッチテストをしてから使う

肌への負担が少ないといわれているビーグレンですが、必ずしも自分の肌に合うとは限りません。CセラムやQuSmeホワイトクリーム1.9は、肌への効果が高いですがその分副作用が起こるリスクがあります。なので、必ず使用前にパッチテストを行い、自分の肌に合うかどうかを確認しましょう。

パッチテストの方法
1.二の腕の内側にビーグレンのアイテムを塗る
2.塗った後24時間~48時間放置する
3.肌の状態を確かめる

Cセラムで刺激を感じたら夜のみ使う

Cセラムに含まれているビタミンCは皮脂の抑える効果があり、乾燥肌の方が使うと肌の乾燥が悪化することがあります。なので、Cセラムを使って肌の乾燥やピリピリとした刺激を感じたら、朝の使用はやめて夜のみの使用にしてみましょう。肌の調子が整ったら、再度朝のスキンケアにCセラムを加えてみるといいですよ。

QuSomeホワイトクリーム1.9は重ね付けしない

ハイドロキノンが含まれているQuSmeホワイトクリーム1.9は、一般的なハイドロキノン配合のクリームと違い、シミなどのポイントに塗るのではなく顔全体に塗るのが正しい使用法となっています。顔全体にQuSmeホワイトクリーム1.9を塗った後に、シミへの効果を早めたいからとポイントで重ね付けするのは、肌に負担がかかってしまうのでNGです。

賢いビーグレンの使い方

ビーグレンの商品を購入・使用するときに役立てたい、賢いビーグレンの使い方について紹介していきます。

まずはビーグレントライアルセットから使う

初めてビーグレンを使用するという方は、いきなり商品を購入するのではなく、ビーグレンのトライアルセットから始めてみましょう。ビーグレンのトライアルセットは、肌悩みに合わせて8種類のセットがあり、7日間お得な価格でビーグレンをお試しすることができます。なので、まずはビーグレントライアルセットを使用して、好みの使用感か自分の肌質に合うかなどを確認してから商品を購入すると、トラブルなく安心して使用することが可能です。

ビーグレントライアルセットの種類
・ホワイトケア
・毛穴ケア
・たるみ・ほうれい線ケア
・ニキビケア
・ニキビ跡ケア
・目元ケア
・乾燥・保湿ケア
・エイジングケア

ビーグレントライアルセットの価格
・1944円(税込)

ビーグレントライアルセットの期間
・7日間

ビーグレントライアルセットの詳しい内容はこちら

継続して使う場合は定期コースを利用する

ビーグレントライアルセットを使用して問題がなく継続して使用するときには、ビーグレン公式サイトから定期コースを利用するのがおすすめです。定期コースは毎月自宅に注文した商品を配達してくれるサービスで、通常購入よりも最大25%安く購入することができます。Amazonや楽天などの通販サイトでもビーグレンの商品を購入することはできますが、商品価格が高かったり送料がかかったりして、ビーグレン公式サイトから購入するよりも高くなることがあるので、利用する際は注意してください。

使用に不安を感じたらビーグレンへ電話相談

もしビーグレンの商品を使用していてなんらかの不安を感じた際には、ビーグレンのスキンケア相談に電話してみるとよいでしょう。スキンケアコンサルタントが肌の状態や悩みに合わせた、最適なスキンケア方法についてアドバイスしてくれます。またカスタマーサポートは24時間365日対応しているので、商品の相談や肌の悩みについて気軽に相談することが可能です。

スキンケア相談
0120-480-902
※月~金 10:00~18:00

カスタマーサポート
0120-329-414
※365日 24時間対応

まとめ

ビーグレンはそれぞれの商品によって、使い方が異なっています。ビーグレンの商品が持っている本来の効果が十分発揮できるように、自己流ではなく正しい使い方を守るようにし、肌本来が持っている美しい素肌を取り戻しましょう。

この記事を執筆したのはMADORE編集部です

MADORE編集部は読者の方と同じ大人女子で構成されており、大人女子である自分自身が感じる悩みや、読者がどのような悩みを抱えているのか同じ視点に立って考えることを大切にしています。
美容知識の収集や美容資格の取得に向けての学習などを行い、数ある美容に関する情報の中から正しい情報を精査して日々執筆を行っています。

MADORE編集部について詳しくはこちら
MADOREからお尻ケア化粧品が出ました
MEDERU BEAUTE[メデルボーテ]

MADOREの読者の声を元に、お尻の肌トラブルに悩む方のためのケアクリームを開発しました。
黒ずみ、たるみなど年齢に伴うお尻の悩みをケアできます。

詳しく見る