指毛のセルフ処理・脱毛について解説!自分に合った方法で美しい手元を叶える

指毛のセルフ処理・脱毛について解説!自分に合った方法で美しい手元を叶えるのサムネイル画像
油断するとすぐに生えてきてしまう指毛。手はいつ誰に見られるかわからない部位だからこそ、いつも美しい状態を保っておきたいですよね。そこで今回は指毛のセルフ処理におすすめの方法と、やってはいけない処理方法についてご紹介。また、指毛のセルフ処理で特に試してほしい、指毛の脱毛についても詳しく解説していきます。女性の悩みの種である指毛を、自分に合った方法で処理して美しい手元を目指しましょう。
更新日: 2019年03月30日
目次

指毛の簡単で安心なセルフ処理方法

自宅で簡単にでき、肌への負担が少ない安心の指毛のセルフ処理方法には、3つの種類あります。その3種類の指毛のセルフ処理方法について、詳しく確認していきましょう。

顔用のI字カミソリで指毛処理

カミソリでの処理は、一番コストが低い指毛のセルフ処理方法です。指毛を処理する際に使うカミソリは、ボディ用のT字カミソリではなく、顔用のI字カミソリを使うようにしましょう。T字カミソリよりもI字カミソリの方が、凹凸が激しい指毛の部分を安全に剃ることができます。カミソリで指毛を処理する場合の注意点は、こちらの通りになります。

カミソリによる指毛セルフ処理の注意点
・カミソリは切れ味のいいものを使う…切れ味が悪いものを使うと、処理の回数が増え肌への負担に
・指毛処理に使うカミソリはお風呂場に放置しない…お風呂場に放置したカミソリには、雑菌が繁殖している

電気シェーバーでやさしく指毛処理

電気シェーバーによる指毛のセルフ処理は、刃が直接肌に当たることがないので、肌にやさしい処理方法になります。最初に初期費用がかかりますが、長期間使うことができるので、長い目で見れば経済的です。ただ電気シェーバーのデメリットととして、電気シェーバーはカミソリに比べて浅剃りなので、残った指毛が気になるという点があります。電気シェーバーで指毛を処理する場合の注意点は、こちらの通りになります。

電気シェーバーによる指毛セルフ処理の注意点
・毛が長い場合は事前に処理をしておく…毛が長いまま処理してしまうと、毛が絡まってきれいに処理することができないため
・電気シェーバーを肌に強く押し付けない…電気シェーバーを強く押し付けてしまうと、肌を傷つけてしまうことになる
・何度も同じ箇所を処理しない…何度も同じ箇所を電気シェーバーで処理すると、摩擦により肌に負担がかかってしまう

パナソニック レディースシェーバー フェリエのサムネイル画像
私はこれ1つで全身のシェービングをしています。
カミソリのように、直接肌に刃を当てて深く毛を剃るわけではないので、多少の長さの毛は残ります。
でも剃り残しがあると言われて脱毛できなかった、ということもありません。

電池は単4電池1つ。
充電式の単4電池を使ってますが、全身をシェービングするために使う電池は1個弱くらいです。
そのまま1ヶ月後のシェービングに同じ電池を使うと、序盤で電池切れします。

軽量で刃が直接肌に当たらないから傷もできません。
シェービングが自分でしにくい場所にも、刃の部分が肌に寄り添うようにシェービングできます。
お風呂上がりに保湿を怠らなければ、特にこのシェーバーで肌荒れが、ということもありません。
www.amazon.co.jp

家庭用脱毛器で効果的に指毛処理

家庭用脱毛器で指毛をセルフ処理することにより、指毛が細くなり次第に生えるスピードが遅くなります。なので定期的に家庭用脱毛器で指毛処理をしていくと、だんだんと指毛の処理回数を減らすことができるのです。ただ家庭用脱毛器は、初期費用がカミソリや電気シェーバーよりも高くついてしまうというデメリットがあります。家庭用脱毛器で指毛を処理する場合の注意点は、こちらの通りになります。

家庭用脱毛器による指毛セルフ処理の注意点
・事前に指毛を処理しておく…脱毛効果を高めるためには、毛根に脱毛器の光を当てることが必要
・脱毛後はしっかり保湿をする…脱毛後の肌は乾燥しやすくなっているため、保湿をしっかりと行う
・日焼けしないよう紫外線対策をする…脱毛器の光は「黒」に反応するため、肌が黒く日焼けをしてしまうとヤケドの原因になる

madoreおすすめの家庭用脱毛器についての紹介です。家庭用脱毛器に興味がある方は、脱毛器選びの参考にしてください。

口コミで高評価のおすすめ市販脱毛器10選!Amazonで人気の商品も

肌への負担が大きい指毛のセルフ処理方法

普段の指毛のセルフ処理でこれらの処理方法を行っているという方は要注意の、肌への負担が多い指毛のセルフ処理方法について紹介します。これらの処理方法で指毛をきれいにしているという方は、指毛の処理方法について一度見直してみましょう。

ピンセットで指毛を抜く

指毛処理をピンセットで行うと、毛穴が広がりポツポツとした毛穴が目立ちます。また毛穴が開いた状態なので、酸化により毛穴が黒ずんだり、雑菌による炎症を起こす可能性も。指毛の処理をピンセットで行い続けていると、埋没毛ができやすくなるというリスクもあります。

市販の除毛・脱毛クリームで指毛を溶かす

塗るだけで指毛などのムダ毛を処理することができる除毛・脱毛クリーム。市販の除毛・脱毛クリームには、毛のたんぱく質を溶かす成分が配合されており、その成分により毛を溶かしてきれいに処理しています。ですが、商品によってはたんぱく質を溶かす成分が強すぎて、肌のたんぱく質まで溶かしてしまい肌荒れを起こすこともあるので注意が必要です。

市販の脱色クリームで指毛を薄くする

脱色クリームの中には毛を染める薬剤が含まれています。指毛セルフ処理をする際に、その薬剤が肌に合わないと肌の炎症が起こることも。また、脱色クリームにより明るく染めた指毛が、光の反射などによりかえって目立ってしまうという場合もあります。

市販のワックスで指毛を抜く

ブラジリアンワックスや脱毛シートなどのワックスタイプによる脱毛は、ワックスをはがすことにより指毛を一気に抜くことができます。ですが、一気に指毛を抜くことにより、肌に大きな負担をかけてしまい、毛穴も開いてしまいます。また毛の周期が乱れやすくなるので、脱毛と併用して指毛処理をする場合、脱毛効果が得にくくなるというデメリットがあります。

負担を減らすなら指毛脱毛がおすすめ

肌への負担を減らして指毛をセルフ処理するには、脱毛による処理がおすすめです。指毛処理を脱毛でするおすすめの理由を確認していきましょう。

指毛脱毛でセルフ処理が楽に

指毛脱毛を続けていると、指毛が細くなり目立たなくなってきます。また、指毛の生えるスピードも遅くなるので、次第に脱毛回数も減らすことが可能です。なので、定期的に指毛処理をしなければいけないカミソリなどによる除毛に比べて、脱毛の方がセルフ処理が楽になるという点があります。

指毛脱毛をすれば毎日の肌への負担が軽減

指毛を無くしてきれいに見せるためには、カミソリや電気シェーバーで処理する場合2~3日に1回は行わなければいけません。しかし指毛脱毛の場合、脱毛期間が長くなればなるほど指毛の生えてくるスピードが遅くなり、処理の回数を減らすことができます。なので、肌への負担を減らすことができ、肌荒れや炎症などを防ぐことが可能です。

指毛脱毛なら剃り残しが目立たずきれい

カミソリや電気シェーバーで指毛を処理する際に、剃り残しなどが目立ってきれいに見えないこともしばしば。しかし指毛脱毛なら、指毛が自然と抜けていくので、仕上がりがきれいになり指毛が目立たなくなります。

指毛脱毛をする前に知っておきたいサロン・医療の違い

指毛脱毛は家庭用脱毛器による脱毛も可能ですが、きれいに短期間で効果を実感したいのであれば、サロンや医療の利用を考えましょう。ここではそんなサロン脱毛と医療脱毛の違いについて、様々な角度から見ていきます。

脱毛方法の違い

サロン脱毛と医療脱毛では大きく脱毛方法が違っています。サロン脱毛は「光脱毛」、医療脱毛は「レーザー脱毛」となっています。

サロンは光脱毛

サロンの脱毛に使われている脱毛器は「光脱毛」という種類のものです。光脱毛は、毛の「黒い色」に反応して毛根にダメージを与えます。脱毛にはいくつか種類があり、サロンによって取り扱いが変わってくるので、事前にHPなどで光脱毛も種類を確認しておきましょう。

S.S.C.脱毛
脱毛前に抑毛効果のあるジェルを塗ることにより、脱毛器の光でジェルが毛穴の奥に入り込み浸透して、毛の成長を抑える。

IPL脱毛
毛のメラニンを含む黒い部分のみに反応する光が、毛母細胞に直接ダメージを与える。レーザー脱毛に近い施術方法。

医療はレーザー脱毛

レーザー脱毛では、毛を育てる毛母細胞に直接光を当てることでダメージを与え、毛を生えてこなくする脱毛方式です。レーザー脱毛も光脱毛と同様に、複数の種類があります。

ダイオードレーザー
脱毛効果が高く、人体への安全性が高い脱毛方法。痛みを感じにくく、肌を傷つけにくいという点がある。

アレキサンドライトレーザー
冷却ガスを噴射しながら施術しているので、痛みを感じにくい脱毛方法。脱毛効果以外にも肌の引き締めや、シミやそばかすなどにも効果がある。

YGAレーザー
毛穴の奥深くまでレーザーを当てられる脱毛方法。日焼けした肌や地黒の方でも受けることができる。

通う回数・期間の違い

サロンと医療では脱毛器の種類や出力が異なるため、脱毛回数や期間にも違いがあります。医療脱毛の方が脱毛効果が高いので、回数や期間が少なく済みます。

自己処理が不要になる回数
サロン脱毛…12回(約2年程度)
医療脱毛…5~6回(約1年程度)

毛がなくなってツルツルになる回数
サロン脱毛…18回(約3年程度)
医療脱毛…8回(約1年半程度)

平均的な料金の違い

価格の面からすると、サロン脱毛よりも医療脱毛の方が高い傾向にあります。平均してサロンの場合18回の脱毛が3万円台でできるのに対して、医療の場合は8回の脱毛が4万円台となっています。これは使用している脱毛器や、対応しているスタッフの違いによるものが大きいです。

1回の施術効果の違い

サロン脱毛に比べて、医療脱毛の方が施術効果が高くなっています。それは脱毛方式の違いや、出力のレベルの違いによるためです。医療脱毛は脱毛時に何かトラブルがあっても、医療従事者が適切な処置ができるため、安全の範囲内で出力を高く設定しているのです。

脱毛時の痛みの違い

サロンでの脱毛と医療による脱毛では痛みの度合いが変わってきます。一般的にサロンの脱毛より、医療の脱毛の方が光の照射レベルが高いので痛みが強い傾向です。実際にサロンと医療の痛みに関しての口コミを集めたので、参考にしてみてください。

サロン脱毛の痛みに関しての口コミ

医療脱毛の痛みに関しての口コミ

サロンor医療での指毛脱毛はこんな人におすすめ

サロンと医療の脱毛の違いがわかったところで、それぞれの脱毛がどんな方におすすめなのかまとめてみました。

サロンでの脱毛がおすすめの方
・初めて脱毛をする方
・痛みにあまり強くない方
・お金をあまりかけずに脱毛したい方

医療での脱毛がおすすめの方
・短期間で脱毛を終わらせたい方
・高い脱毛効果を実感したい方

ムダ毛処理について詳しく知りたい方はこちらを

おすすめの抑毛クリーム8選!効果や選び方、子供が使える安心アイテムまで幅広く紹介
自宅でできる最適な脱毛方法!おすすめの市販家庭用脱毛器10選を口コミ付きで紹介
VIO脱毛の正しい知識。サロンと医療の違いや口コミなどみんなの「気になる」大集合

まとめ

指毛を処理する場合には、肌への負担が少ない処理方法がおすすめです。今回紹介した処理方法の中でも、一番おすすめなのが脱毛です。脱毛は肌への負担が少なく、きれいに処理できる方法なので、ぜひ指毛の処理に取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を執筆したのはMADORE編集部です

MADORE編集部は読者の方と同じ大人女子で構成されており、大人女子である自分自身が感じる悩みや、読者がどのような悩みを抱えているのか同じ視点に立って考えることを大切にしています。
美容知識の収集や美容資格の取得に向けての学習などを行い、数ある美容に関する情報の中から正しい情報を精査して日々執筆を行っています。

MADORE編集部について詳しくはこちら
MADOREからお尻ケア化粧品が出ました
MEDERU BEAUTE[メデルボーテ]

MADOREの読者の声を元に、お尻の肌トラブルに悩む方のためのケアクリームを開発しました。
黒ずみ、たるみなど年齢に伴うお尻の悩みをケアできます。

詳しく見る