ヘアオイルの正しい使い方を伝授!おすすめアイテムや濡れ髪風セットも紹介

ヘアオイルの正しい使い方を伝授!おすすめアイテムや濡れ髪風セットも紹介のサムネイル画像
ヘアオイルは髪に栄養やうるおいを補給できるだけでなく、トレンドの濡れ髪風スタイルや、つやつやのパーマスタイルを作ることができる優秀なアイテムです。ですが、使い方を間違えると「ただのベタベタ髪」になってしまうことも。本記事ではヘアオイルの正しい使い方やおすすめの商品、ヘアセットのテクニックをご紹介していきます。
更新日: 2019年01月15日
目次

間違ったヘアオイルの使い方していませんか?

ヘアオイルは髪のケアとスタイリングのどちらにも使うことができる、便利なアイテムです。
ただし、オイルという特性上、使い方を間違えると「ただベタベタしているだけの髪」になってしまいがち。頭皮や髪に悪影響を与えてしまうこともあります。
まずはヘアオイルのNGな使い方についてチェックしましょう。

【ヘアオイルの使い方NGチェックリスト】

1)髪をとかさずに使う
…髪をとかしていない状態でヘアオイルをつけるのは禁物です。髪がもつれていたり、絡まっていたりする状態でつけると、オイルのつき方にムラが出てしまうからです。必ずしっかりブラッシングしてから使うようにしましょう。

2)髪の根元までつける
…髪の根元や生え際までオイルをつけると、ベタついた印象になってしまいます。また、頭皮が詰まって髪の成長に悪影響を与えることも。

3)適量を守らない
…「乾燥しているから」「濡れ髪ヘアセットをしたいから」といってオイルを適量以上につけすぎるのはNGです。適量を守って使うことで、しっとりしつつ清潔感のある髪にセットすることができます。

ヘアオイルの基本の使い方

ヘアオイルの基本的な使い方は、以下の4ステップです。

1)シャンプー後、タオルドライした後の濡れた髪に使う(乾いた髪に使ってもOK)
2)髪をよくとかす
3)適量を手のひらにプッシュし、両手を合わせてのばす
4)髪の内側と外側に、手ぐしでとかすようになじませる

これを踏まえつつ、より詳しい使い方のコツをチェックしていきましょう。

ヘアオイルの適量を守ろう

前述した通り、ヘアオイルは適量を守ることが大切です。
基本的にはショート1~2滴、セミロング2〜3滴、ロング3〜4滴が適量と言われています。
ヘアオイルの成分や容器によって異なる場合があるので、商品に記載されている適量がある場合は、それに従ってくださいね。

ヘアオイルをつける場所を守ろう

ヘアオイルをつける場所は、毛先を中心に、上は髪全体の半分ぐらいの長さまでが目安です。
たとえば、髪の長さを「顎の下ぐらいのショートカット」にしている人なら、耳の上付近までオイルをつけましょう。
頭頂部の乾燥や広がりを抑えたい場合は、手のひらに少しだけ残ったオイルで髪を軽くなでる程度で十分です。

ヘアオイルの正しい使い方とセット方法まとめ

次に、ヘアオイルの正しい使い方と、おすすめのセット方法をご紹介していきます。

ヘアオイルの使い方⒈シャンプー後の濡れた髪につけよう

オイルの特性上、ヘアオイルはシャンプー後にタオルドライした後の髪に使うのが一番効果的です。
ヘアオイルをつける手順は以下の通りです。

【濡れた髪にヘアオイルをつけるときの手順】

1)タオルドライした後の濡れた髪を、柔らかいブラシで優しくとかす。
2)手のひらに適量のヘアオイルを出す。
3)両手のひらをこすり合わせるようにしてのばす。
4)髪の毛先の内側から手ぐしでとかすようになじませる。
5)髪の毛先の外側から同じように手ぐしでなじませる。
6)髪表面の乾燥がひどい場合は、オイルが薄く残った手のひらで軽くなでる。オイルの追加はしない方がベター。

こちらの動画でも、ヘアオイルのつけ方が説明されています。

ヘアオイルの使い方⒉朝のセットはドライヤー前につけよう

ヘアオイルは、朝のヘアセット前に使うこともできます。
その場合はドライヤーやヘアアイロンを使う前にオイルをつけましょう。熱から髪を守ってくれますよ。
朝のセット時にヘアオイルを使うとき、注意したいのは量です。
前日、寝る前にもヘアオイルを使っている場合、そのときと同じ量を使ってしまうと髪がベタッとしてしまうことも。
やや少ない量で様子を見つつ、乾燥の気になる部分にうすくなじませるのがおすすめです。

こちらの動画も参考にしてみてくださいね。

ヘアオイルの使い方⒊シャンプー前の週一スペシャルケア

「乾燥で髪がパサパサ…」「枝毛がひどい…」など、ダメージレベルの高い髪の毛には、ヘアオイルを使ったスペシャルケアがおすすめです。
やり方は以下の通りです。

【ヘアオイルを使った週一スペシャルケアのやり方】

1)乾いた髪をよくとかす。
2)手のひらにヘアオイルをのばし、毛先→中間→頭頂部の順にたっぷりなじませていく。頭皮にはつけないよう注意。
3)髪全体が濡れたようにしっとりしたら、髪全体をコームでとかす。
4)お湯でオイルを洗い流し、いつもより丁寧にシャンプーする。

髪が見違えるほどしっとりして、まとまりやすくなりますよ。
こちらの動画も参考にしてみてくださいね。

【番外編】流行りの濡れ髪風になれるヘアオイルの使い方が知りたい

ウェットな濡れ髪風ヘアは、セクシーさと抜け感がある流行のスタイルです。
手軽にしっとり感を演出してくれるヘアオイルは濡れ髪風ヘアには欠かせません。
「ただのベタついた髪」にならないよう、正しい使い方をマスターしましょう。

【正しい濡れ髪風ヘアのセット方法】

1)ドライヤーやヘアアイロンを使い、乾いた髪をセットする。
2)手のひらに適量のヘアオイルを出し、両手にのばす。
3)毛先を中心に、髪の外側から揉み込むようにオイルをつける。少し毛束をねじりながらつけると動きが出て、こなれた印象に。
4)ヘアスプレーで固めて完成。

特に人気の外ハネ風ヘアアレンジをしたい場合は、こちらの動画が参考になります。

【番外編】パーマヘアのヘアオイルの使い方が知りたい

パーマヘアとヘアオイルは相性抜群です。パサつきがちなパーマヘアの毛先を補修しつつ、ツヤ感を与え、美しく見せてくれるからです。
以下のコツを抑えて、パーマヘアを素敵に演出してくださいね。

【パーマヘアにヘアオイルを使うときのコツ】

1)適量を手のひらに出してのばし、パーマのかかっている部分の内側に揉み込む。
2)パーマのかかっている部分の外側に揉み込む。毛束をつまみ上げるようにして、動きを出すのがコツ。
3)ゆるい印象のパーマヘアにしたい場合はそのままで、しっかりカールを強調したいときはハードスプレーで固めて完成。

おすすめのヘアオイルを紹介

ヘアオイル初心者の方でも使いやすく、口コミで人気の商品を3つご紹介します。

ボタニスト ボタニカルヘアオイル モイストのサムネイル画像
最近イメチェンで切りっぱなしボブにしました。
外はねだけではいまいちだったのでウェット感を出すために購入
オイルは軽めでいい感じにウェット感が出せました。
また匂いもよく香水をつけ忘れた日でもいい匂いがするねといわれました^^
www.amazon.co.jp
ジルスチュアート リラックス ヘアオイルのサムネイル画像
最初はテクスチャーもサラッとしていて香りづけ程度かなって思ったら…しっとりサラサラに!!
乾かし終わってからまた仕上げに付けると次の日手触り最高です!!
www.cosme.net
今までヘアオイルはべたっとする感じがあり、苦手だったのですが、
こちらはさらっとしていてこちらを使うと髪がサラサラになります。

ドライヤーの前やヘアアイロンを使う前に2プッシュ程使っています。

毎日朝晩使っても2カ月程もつのでコスパもいいと思います。
www.cosme.net
ラックス ダメージリペア リッチ補修オイルのサムネイル画像
自分に合う洗い流さないトリートメントをずっと探していました。
美容院で勧められた高いものや、ネットで評判のいいものなど
色々試してみたものの、コレ!っていうものになかなか出会えませんでした。

なんの気なしで、ドラッグストアで試しに買って使ってみたら
思った以上に髪が柔らかくなり、かつまとまるようになって大満足です!

私は、天然パーマで髪質は細く広がりやすいタイプですが、
コレを使うようになってから、髪のセットをする時間が楽になりました♪
www.cosme.net
とってもいいですよー♪
ドライヤーの前に毛先を中心に全体にぬってます。
翌朝もさらさらで髪のまとまりも良くて気に入ってます。
www.amazon.co.jp

他にもヘアケアについて知りたい方はこちらもどうぞ

人気エイジングケアシャンプーの世代別おすすめランキング&口コミまとめ
毎日できるトリートメントの正しい付け方!髪の長さ別に使い方を動画で紹介【保存版】
男女別のシャンプーおすすめランキングをご紹介!成分解析も【2018最新

まとめ

ヘアオイルは使い方に少しコツがいるアイテムですが、ヘアケアやスタイリングなど幅広く使うことができるので、一本持っておくと重宝します。
使い続けることで傷んだ髪がきれいになったり、熱や紫外線から髪を守ってくれたり…という嬉しい効果もありますよ。
ぜひ正しい使い方をマスターして、ヘアオイルを使いこなしてくださいね!