髪の長さ・トラブルに合わせたシャンプーの正しいやり方【保存版】

髪の長さ・トラブルに合わせたシャンプーの正しいやり方【保存版】のサムネイル画像
正しいシャンプーのやり方で髪を洗っていますか?間違った方法を続けると、様々な髪トラブルを引き起こしてしまいます。今回は、正しいシャンプーのやり方を紹介します。髪の長さや悩みなどに合わせた方法が載っているので参考にしてみてください。また、市販おすすめシャンプーも一緒に紹介しています。傷んだ髪に元気を与えましょう!
更新日: 2018年12月17日
目次

シャンプーの間違ったやり方してませんか?

「とりあえずゴシゴシ洗う」「爪を立てて汚れを落とす」などとダメージを与える間違った方法をしていませんか。正しいシャンプーやり方を学びましょう。

間違ったシャンプーのやり方とは

どんな方法が間違っているのかチェックリストを紹介します。どれだけ当てはまっているのか確認しましょう。

間違ったシャンプー方法のチェックリスト
☑シャンプー剤を頭皮に直接つけている
☑シャワーで髪を濡らした後に、水気を切らずにシャンプー剤をつけている
☑爪を立ててゴシゴシと強い力で洗っている
☑成分や香りを残すためにしっかりすすぎをしていない
☑朝・夜の2回シャンプーを行っている
☑ブラシなどを使って、長時間頭皮を洗っている

頭皮を痛めたり・抜け毛を引き起こす原因に繋がります。当てはまるものがある場合は、気を付けてシャンプーしてください。

間違ったシャンプー方法を続けるとどうなる?

間違った方法を続けると、洗い残しが増えてしまい痒み・傷み・赤みなどの頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。すすぎ残しには特に注意が必要です。かぶれたりとひどい症状が出ることもあります。優しく洗いよくすすぐのがポイントです。

【保存版】シャンプーの正しいやり方

基本的やり方や髪の長さ・悩みにあわせた正しいシャンプー方法を紹介します。

基本のシャンプーのやり方

まずは、基本のシャンプーやり方を紹介します。普段、行っているやり方と比較してみてください。

髪を洗う前にブラッシングをする

お湯やシャンプー剤で髪を洗う前に、ブラッシングすることで重要です。髪の絡まりや汚れを落とすことで頭皮にシャンプーが浸透しやすくなります。毛先から優しくとかしていきましょう。

まず湯洗いをする

約3分を目安に、指の腹を使いながら頭皮や髪をしっかりと流していきましょう。適量のシャンプー量で汚れを落としやすくなります。また、頭皮への刺激や負担を和らげるてくれます。

手のひらで馴染ませてから洗う

1)手のひらで泡立ててからシャンプー剤をつけていきます。
2)セミロングを人で、だいたい1~2プッシュが目安です。
3)指の腹を使って、生え際→頭皮→後頭部→毛先の順に洗っていきます。
4)指を細かく動かして、優しくマッサージするように洗いましょう。

シャンプーのすすぎ、流し方のコツ

シャンプー後はしっかりすすぎ残しがないように流しましょう。シャンプー1分に対してすすぎは3~4分かけるのがベストです。忘れがちな生え際、こめかみ、首元などもすすぎ残しがないように注意しましょう。

ロングヘアーのシャンプーの正しいやり方

髪が長いとシャンプーするのが大変ですよね。ロングヘアーのシャンプーの正しいやり方を紹介します。

1)基本と同じでブラッシングする

ロングヘア―の人は髪が絡まりやすく、汚れやすいです。しっかりブラッシングして髪や頭皮についたホコリやフケも落としましょう。毛先が傷んでいる人が多いと思うので、毛先から絡みをほぐします。

2)お湯で予洗いをする

予洗いをしっかりすると髪の毛の汚れやホコリが80%落ちるといわれています。シャワーヘッドを頭皮に近づけて、内側の汚れを落とすように流していきましょう。

3)頭皮を中心にシャンプーをする

髪をかきあげて頭皮をマッサージするように洗います。ロングヘアの毛先は傷みがちのため、シャンプー剤が毛先に付かないようにするのがポイントです。生え際、頭部、後頭部などと小分けにして洗うと汚れを綺麗に落とせます。

抜け毛防止のシャンプーのやり方のポイント

はげない抜け毛防止のシャンプーやり方のポイントを紹介しています。おすすめの洗い方なども詳しく載っているので参考にしてみてください。

1)シャンプー量は500円玉サイズ出して、手のひらに馴染ませ髪全体につけます。
2)1~2分を目安に、指の腹で髪全体をもみ洗いをします。爪を立てるのがNGです。
3)もみあげ→後頭部→頭のてっぺんの順に洗うのが効果的です。
4)手をクロスして生え際からつむじまで揉みほぐします。
5)3本指で生え際を内・外回しを5回4セット行うのもおすすめです。
6)また、頭全体を覆い上に持ち上げるように洗うのも良いです。(約20回)
7)指の腹を使って、頭皮を動かしながらすすぐ。
8)シャワーヘッドを頭皮に近づけ2分マッサージするように流す。

男性のシャンプーのポイント

頭皮の悩みは女性だけではありません。男性のシャンプーのポイントを紹介します。

1)シャンプー前にお湯で頭皮を予洗い

男性は皮脂の分泌量が高く、汚れが溜まりやすいです。しっかり頭皮を指の腹できれいにすすいで汚れを落とします。髪が短いので軽くでいいと思う人もいると思いますが、外部刺激を受けやすく汚れやすいので綺麗に流しましょう。

2)頭皮をマッサージするように洗う

頭皮をマッサージすることで、血行促進につながります。血行促進は、薄毛、抜け毛予防、白髪予防、頭皮環境を改善をしてくれます。指の腹を使って髪全体を洗うのがポイントです。

3)すすぎを丁寧に行う

シャンプー後にかゆみやフケが出てしまったという人が多いと思います。その原因が「すすぎ残し」です。3~4分程度丁寧にすすぐようにしましょう。

市販のおすすめのシャンプーを紹介

Amazonやサイトで好評な市販おすすめシャンプーです。髪トラブルや香りのよいものを揃えました。

ディアボーテ オイルインシャンプー ジャンボ のサムネイル画像
シャンプーだけでもツヤツヤのサラサラの質感になりますが、コンディショナーも使うと少し重めのツヤツヤ感が出ます。
www.amazon.co.jp
KOSE  ジュレーム リラックス ノンシリコンシャンプーのサムネイル画像
私は混血で髪が癖っ毛&太く、広がりやすく扱いづらいのですが、使い初めてから今まで経験したことないくらい、髪がまとまってます。
www.amazon.co.jp
香りは、フルーティーな香りといいますか、甘い感じです。洗った感じは、少しオイリーな感じで程よいサッパリ感です。
www.amazon.co.jp
ダイアン ボヌール  モイストリラックス シャンプーのサムネイル画像
爽やかに重なるオレンジフラワーの香り潤って自然なツヤ髪へ
髪が痛みすぎですぐにチリチリに絡みつくんですが乾かしてもチリチリにならずしっとり!
www.cosme.net

シャンプーについてもっと知りたい方はこちらもどうぞ

2018最新版のおすすめシャンプーを豊富に紹介しています。肌に優しいものや髪に栄養を与える優秀なものです。

オーガニックシャンプーおすすめ5選!国産から海外産まで【2018最新版】
ノンシリコンシャンプーおすすめ5選!口コミも合わせて紹介【2018最新版】
男女別!シャンプーのおすすめランキング&解析【2018最新版】

他にもヘアケアついて知りたい方はこちらもどうぞ

潤いをとじこめ髪をツヤツヤにしてくれるおすすめヘアケア商品です。日中の髪の乾燥を防ぐ効果もあります。

【厳選】ヘアトリートメントオイルおすすめ7選!【2018最新版】
洗い流さないタイプのヘアトリートメントおすすめランキング【最新版】

まとめ

正しいシャンプー方法のポイントは、「ブラッシング」「予洗い」「丁寧にすすぐ」ことです。少し面倒に感じるかもしれませんが、ぜひ試してみてください!

この記事を執筆したのはMADORE編集部です

MADORE編集部は読者の方と同じ大人女子で構成されており、大人女子である自分自身が感じる悩みや、読者がどのような悩みを抱えているのか同じ視点に立って考えることを大切にしています。
美容知識の収集や美容資格の取得に向けての学習などを行い、数ある美容に関する情報の中から正しい情報を精査して日々執筆を行っています。

MADORE編集部について詳しくはこちら
MADOREからお尻ケア化粧品が出ました
MEDERU BEAUTE[メデルボーテ]

MADOREの読者の声を元に、お尻の肌トラブルに悩む方のためのケアクリームを開発しました。
黒ずみ、たるみなど年齢に伴うお尻の悩みをケアできます。

詳しく見る