アンチエイジングの意味とは?老化防止になる食べ物&5つの老けない生活習慣をご紹介

アンチエイジングの意味とは?老化防止になる食べ物&5つの老けない生活習慣をご紹介のサムネイル画像
「いつまでも若々しく過ごしたい!」という感情は、老若男女多くの人が抱くものです。美容におけるアンチエイジングとは、そもそもどういった意味がありどんな効果があるのでしょうか?アンチエイジングに効果的な食べ物や、食事のレシピ、飲み物、肌のセルフケアの方法、おすすめのサプリや、運動や睡眠法まで詳しく説明していきます。
更新日: 2019年01月23日
目次

そもそもアンチエイジングの意味って?意味ない?

そもそもアンチエイジングとは、「エイジング(=加齢、老化)をアンチ(=反対、逆行)させる」という語源です。日本語では「抗加齢」や「抗老化」といった意味になります。
「アンチ」という言葉から「不老不死」をイメージされる方も多いと思いますが、人間は生きている限り、自然と年をとって老化(エイジング)していくのは当然です。

「アンチエイジング」=「若返りの方法」ではありません。
アンチエイジングとは、あくまで老化の進みをゆっくりにすることです。即効性のある効果を期待することや、「意味ないから」といってケアを怠ることは健康を損なうこともあるのです。

エイジングケアとの違いって?

エイジングケアはあくまで予防をする範囲内での表現です。
「アンチエイジング」は、老化を阻止するために直接的に働きかけるニュアンスを持ちます。

老化防止のためのアンチエイジングの具体的な効果とは?

当たり前ですが、歳をとるにつれて体の不調や悩み事が多くなるのも事実です。
日常生活で得られる肌や体調の効果をみていきましょう。

肌にハリがでる

加齢によって肌のハリが失われると、たるみやほうれい線の悩みに繋がりやすくなります。
正しいスキンケア、食生活と睡眠の見直しをすることで、肌のハリは驚くほど改善します。
高価な化粧品をたくさん買う前に、体の内側から整えていきましょう。

疲れのたまらない身体になる

疲れの正体は、肉体的なものより身体の内側の問題であることの方が多いということはご存知でしょうか?
紫外線を予防して細胞の酸化を防いだり、短時間でも質の良い睡眠をとったりすることも疲れ予防に効果的です。

しみ、しわ、ほうれい線を予防する

老化の原因のひとつが酸化であることはご存知でしょうか?身体の細胞や組織が錆びつくことでシミやシワといった肌の老化や、病気を招いてしまいます。
また、暴飲暴食も老化を促進してしまう原因のひとつです。余分な糖がたんぱく質と結びつき「AGE」という老化物質に変化し糖化してしまいます。糖化が肌のくすみやシミ、シワにつながってしまうのです。

日々のケアでこの酸化や糖化を予防することがアンチエイジングの要です。

老けにくい最強のアンチエイジング食品&食事とは?

前述したように、アンチエイジングの基本は、「身体の内側から調子を整える」ことです。
老化の原因となる「酸化」と「糖化」を防ぐ効果のある食品をご紹介いたします。
食べ物に含まれる抗酸化物質が活性酸素の発生を抑え、体の酸化を防ぎ、老化を予防してくれます。

コンビニでも帰る!アンチエイジングに効く食べ物とは

アンチエイジングと肌に効く食品をご紹介いたします。
以下の栄養素を積極的に摂りましょう!

食物繊維

食物繊維は、腸内環境を正常化し体の調子を整えてくれるはたらきがあります。また食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「脂溶性食物繊維」の二つの種類があるので、バランスよく摂取しましょう

水溶性食品例:山芋、オクラ、納豆など
脂溶性食品例:ごぼう、切り干し大根、おからなど

植物性タンパク質

肌や細胞を形作るのに必要不可欠です。動物性タンパク質を摂取し過ぎると、コレステロールが増え過ぎてしまう可能性があります。植物性タンパク質を意識的に摂るようにするとよいでしょう。

食品例:大豆、アボカド、ナッツ類

ビタミンA

ビタミンAには肌の代謝を高めてくれる働きがあり、美肌効果をもたらしてくれます。

食品例:人参、ほうれん草、うなぎ、卵など

ビタミンB2、B6

ビタミンB2には皮膚や粘膜の代謝を活発化させ、ビタミンB6には脂質の抗酸化を防いだりする働きがあります。

ビタミンB2食品例:うなぎ、卵、納豆など
ビタミンB6食品例:マグロ、バナナ、ナッツ類

ビタミンC

ビタミンCには、肌の弾力の元となるコラーゲンを生成や体内の老化を防ぐ働きがあります。
美容には欠かせない栄養素のひとつなので、積極的な摂取を心がけましょう。

食品例:レモンなどの柑橘類、いちご、ブロッコリーなど

ビタミンE

体内の酸化(=老化)を防ぐ抗酸化作用があり、アンチエイジングにとってかなり重要な栄養素です。

食品例:アーモンド、落花生、魚、植物油など

質の良い油

体内のコレステロールを減少させる「不飽和脂肪酸」の含まれる油は血液をサラサラにしてくれます。

食品例:青魚、オリーブオイル、ごま油、亜麻仁油など

ミネラル

亜鉛、カルシウム、鉄、マグネシウムといったミネラルは免疫力を高めてくれるのでアンチエイジングには欠かせません。積極的に摂取しましょう。

食品例:海藻類、魚類、緑黄色野菜、大豆など

低GI値食品

「血糖値の上昇をゆるやかにする食品」のことを低GI値食品といいます。消化に時間がかかるので脂肪になりにくく、生活習慣病を防いだりダイエットに効果があります。

食品例:玄米、全粒粉のパン

フィトケミカル

強い抗酸化力で活性酸素を除去しつつ免疫力も高めてくれます。一番抗酸化力があるのはアントシアニンやカテキンなどのポリフェノールです。

食品例:アサイー、ベリー類、緑茶、にんじん、トマト、生姜

ORAC値が高い食べ物

ORAC値(酸素ラジカル吸収能)とは、食べ物の抗酸化力を科学的に分析する基準のひとつです。主にアメリカを中心に用いられています。

食品例:スパイス、ハーブ、チョコレート

アンチエイジングと美肌におすすめの飲み物&サプリを賢く取り入れましょう

普段の食事だけで補えない栄養素は、飲み物サプリメントで賢く補うのがおすすめです。特に口コミでも人気のアイテムを紹介します。

美肌効果の高いアンチエイジング向きの飲み物

継続は美なり。即効性があるわけではありませんが、毎日続けると肌質や髪質まで変わります。毎日のちょっとした習慣にどうぞ。

アーモンドミルク

ミランダカーなどの海外セレブもこぞって飲んでいる「アーモンドミルク」にはビタミンEや食物繊維がたくさん含まれています。ビタミンEには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が高いと言われています。また、中性脂肪やコレステロール値を調整する働きがある、オイレン酸を含んでいるのも嬉しいポイントです。

アーモンド・ブリーズ 砂糖不使用のサムネイル画像
砂糖不使用なのがよいですし、グラノーラにかけて食べることがほとんどです。ビタミンE をとりたい人にはサプリより体によいですし、おすすめです。
www.amazon.co.jp

普段の食事にサプリを賢く足してアンチエイジングを!

毎日のの食事ですべての栄養素を補うのは中々難しいことです。サプリメントを補助栄養素として賢く飲んでいきましょう。

⒈プラセンタサプリでアンチエイジング

プラセンタは、人や動物の胎盤から抽出された成分です。 人の体に欠かせないアミノ酸やビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいます。アミノ酸は肌や筋肉、髪の毛などを作るタンパク質の元です。

マルマン プラセンタ プレミアム 470㎎×80粒のサムネイル画像
体の内側からの美容と健康のため、プラセンタ粒を購入させていただきました。このサプリメントを飲むようになりましたら、疲労に・・?意外な効果ありました。疲れにくくなり、肌もしっとりします。体調が良くなりました。効果があります。継続して飲みますね。ありがとうございます
www.amazon.co.jp
夜4粒飲んで朝のお肌がもっちりしていてびっくり。髪の毛糸も艶やかで即効性ありでおどろきました。コラーゲンもいろいろ試しましたがこのプラセンタ程の効果はなかったです。
お値段も手頃なのでしばらく続けてみようとおもいます。
www.amazon.co.jp

⒉ビタミンCサプリでアンチエイジング!

あくまでビタミンCの吸収を補助する目的で飲みましょう。

DHC ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分のサムネイル画像
何かと不足しがちなビタミンをこちらで補給してます。なつが終わった頃から夫婦で飲んでいて日焼けでダメージを受けた肌を内側から補修するつもりで飲んでいます。
これをのみはじめてからなのかあまり体調を崩さなくなった気がします。
www.amazon.co.jp
美白と健康のために飲んでいます。
くちびるが荒れたときは少し多めに飲むと次の日よくなっています。
www.amazon.co.jp

⒊ポリフェノールサプリでアンチエイジング!

ポリフェノールは強い抗酸化作用があることで知られています。活性酸素によるダメージを軽減する働きがあるので、アンチエイジングに効果的です。ポリフェノールとは成分の総称で、その種類は実にさまざまです。

ピクノジェノール 60mgのサムネイル画像
更年期障害の症状を緩和させるために購入したところ、お肌がつるつるピーン状態です。
化粧のノリも良い感じなので続けていこうと思っています。
www.amazon.co.jp

アンチエイジングに効果的な食べ物の簡単食事メニューのレシピまとめ

上に挙げた食材をベースに、アンチエイジングに効果のある人気レシピをご紹介します!

『美ボディ鍋』*ビタミン野菜とサーモンのアボカドミルク鍋*

身体に良いのに、美味しい!ダイエットにもアンチエイジングにも効果的な鮭やブロッコリー、脂肪を燃やしつきにくくするアボカド、ビタミン豊富なキャベツ、代謝を上げる牛乳の入った美ボディを目指せるその名も『美ボディ鍋』です。

【材料】2人分
・水 200cc
・牛乳 200cc
・コンソメ(顆粒) 小さじ2
・塩胡椒 少々
・生鮭 2切れ
・キャベツ 1/8玉
・ブロッコリー 1/4株
・アボカド 1/2玉
・ブラックペッパー お好みで

詳しいレシピはこちらからどうぞ!

『美ボディ鍋』*ビタミン野菜とサーモンのアボカドミルク鍋*

ブロッコリーとくるみのサラダ☆ポーチドエッグのせ

くるみとブロッコリーのポリポリコリコリ食感が楽しい食べ応え満点のボリュームサラダ。朝食に主食とヨーグルトを足せば厚生労働省の推奨する成人女性1食分(3食/日前提)のたんぱく質と野菜が補えるそうです。

【材料】1人分
・ブロッコリー 120g
・クルミ 25g
・卵 1個
・酢(ポーチドエッグ用) 大さじ1
A
すりおろしニンニク
少量
A
ワインビネガー
小さじ1
A
マスタード
小さじ1
A
塩コショウ
少々
オリーブオイル
小さじ2

詳しいレシピはこちらからどうぞ!

ブロッコリーとくるみのサラダ☆ポーチドエッグのせ

コンビニは危険!アンチエイジングに適さない老けやすい食事って?

老化を早める食べ物を減らすことも大切です。砂糖や人工甘味料、トランス脂肪酸を含む食品、アルコール、栄養ドリンク、炭水化物、揚げ物などは老化を早める食べ物といわれています。コンビニなどでついつい買ってしまう揚げ物やお菓子の積み重ねが老化を招いているかもしれません。

食品例:ポテトチップス、ハンバーガー、ポテト、チキン

アンチエイジングのための詳しいレシピが載った本はこちら!

POLAの美肌食堂 ~体の中から美しくなるアンチエイジングレシピ~のサムネイル画像
3か月間くらいこの本のレシピ中心に夕食をいただきました。一つ一つのメニューは約500キロカロリーから700キロカロリート低カロリーですが、結構ボリューミーで、食べごたえあります。
満腹になりますが、お肌の調子がとてもよくなり、体のラインも少しスッキリしたと思います。カロリーだけではなくて、栄養のバランスもよく、とてもよかったです。
www.amazon.co.jp

アンチエイジングに効果的なセルフケア

食べ物をここまでご紹介してきましたが、普段の生活における、食や睡眠、運動、美容などの質の向上も、実はアンチエイジングに欠かせない重要な要因です。

正しい睡眠でアンチエイジング!

人の体は、睡眠中に成長ホルモンによって、日中に受けた肌へのダメージを修復したり、脂肪を燃焼したり、肌の生まれ変わりをサポートしたりしています。

そのため、睡眠不足になると肌は荒れ、太りやすくなり、エイジング(=老化)が進んでしまいます。肌の新陳代謝を促す“成長ホルモン”は夜の10~2時の間に分泌が高まるのでこの時間を含めて1日6時間以上の睡眠をとることが理想的です。睡眠時間が取れない方は、パソコンやスマートフォンは寝る前に極力使わず、入眠環境を整え眠りの質を高めるようにしましょう。

適度な運動でアンチエイジング!

筋トレにに有酸素運動を組み合わせることによって全身の代謝が促進され、老廃物が効率的に体の外に排出されます。そして美肌効果や生活習慣病の予防効果を得ることができます。
「筋力トレーニング(無酸素運動)」→「有酸素運動」の順がおすすめです。運動をする時間帯としては「食後2時間前後」が消化の面からみてもっとも適切です。

スキンケアからアンチエイジング

紫外線を長期間に渡って浴び続けていると、肌は弾力を失い、シワやシミができ、どんどん老化していってしまいます。紫外線対策をしっかりと行うようにしてください。また、紫外線対策以外にも、肌を傷つけない優しい洗顔を心がけてください。
また、効果的な美容液やリフトアップローションの使用もオススメです。

基本の洗顔はこちら!

毛穴ケアの正しい洗顔方法は「泡洗顔」!石鹸洗顔が毛穴レスな肌に

いかがでしたか?

アンチエイジングは、体の内側と外側、両方から老化を防ぐ考え方です。
毎日コツコツケアを続け、生活習慣を改善していけば肌の老化のスピードを遅らすことができるだけでなく、ハリや弾力、潤いが以前より出てくるでしょう。

健康、美容、どちらの視点から見ても、アンチエイジングはおすすめです!

この記事を執筆したのはMADORE編集部です

MADORE編集部は読者の方と同じ大人女子で構成されており、大人女子である自分自身が感じる悩みや、読者がどのような悩みを抱えているのか同じ視点に立って考えることを大切にしています。
美容知識の収集や美容資格の取得に向けての学習などを行い、数ある美容に関する情報の中から正しい情報を精査して日々執筆を行っています。

MADORE編集部について詳しくはこちら
MADOREからお尻ケア化粧品が出ました
MEDERU BEAUTE[メデルボーテ]

MADOREの読者の声を元に、お尻の肌トラブルに悩む方のためのケアクリームを開発しました。
黒ずみ、たるみなど年齢に伴うお尻の悩みをケアできます。

詳しく見る