自力でできるそばかすの対策方法5選!美白化粧品や食べ物で集中ケア

自力でできるそばかすの対策方法5選!美白化粧品や食べ物で集中ケアのサムネイル画像
学生時代や大人になってからできた「そばかす」。自己ケアでなんとか治したいと思う人がいると思います。自力でできるそばかすの対策方法5選を紹介します!サプリ、市販化粧品や食べ物などさまざまな方法があります。また、皮膚科とクリニックのメリット・デメリットや処方される薬なども紹介しています。濃いそばかすもじっくりケアしましょう。
更新日: 2018年12月05日
目次

そばかすを自力で消す方法が知りたい!

紫外線ダメージなどで「そばかす」ができた人や元からあり悩んでいる人。自力で消したいと思う方も多いはずです。自己ケアから皮膚科で消す方法を紹介します。

そばかすの種類と見分け方

一見どの「そばかす」も同じものに見えますが、人それぞれでできる原因が違います。種類ごとに対策も違うので、自分は何が原因で出来たのか知ることが解決に繋がります。そばかすの種類と見分け方を解説します。

老人性色素斑

老人性色素斑は、一般的に「シミ」といわれるタイプのものです。頬など顔の高い位置にできやすいです。UVケアを行わずにいると30~40前半になったときに反動でシミとしてあらわれるので日焼け止め、日傘など使うようにしましょう。

◆チェックポイント
・大きさは米粒から指先大くらいで、丸形が多い。
・境界線は明瞭で、色は均一な褐色。
・40代から顔面、手背、前腕伸側に発症しやすいです。

肝斑

肝斑は、若い人や高齢の方はなりずらく、更年期や、ピルを飲んでいるとき、妊娠、出産時期などに多く発症します。シミに悩む女性のおおよそ半分が肝斑である可能性があります。内服薬のビタミンCとトラネキサム酸が改善・予防に効果的です。

◆チェックポイント
・額や頬などに左右対称にあるもの。
・点というよりも面で存在し、境界線がぼやけています。
・淡褐色、褐色をしています。

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす)は、小学生~高齢の方まで、幅広く発症します。思春期などにできる先天性のものや大人になってからできる後天性のものがあります。後天性は、自然になくなることがないので、UV対策や睡眠不足の解消、ストレスをためないなどして濃くならないように対策を行いましょう。

◆チェックポイント
・目元まわりや、頬の上部などに小さく不揃いでできているもの。
・茶色で、春から夏などに色が濃くなることがある。
・幼少期からあり思春期などから目立つようになってしまった。
・紫外線対策をおろそかにして、大人からできるようになった。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは、ニキビや傷、虫刺され、かぶれ、湿疹、やけどなどの炎症が原因でできるものです。ニキビ跡などが上手にターンオーバできず、肌に沈着してしまいます。ケアがをした後のアフターケアを行わないとできやすいです。紫外線対策や傷跡のケアを行うようにしましょう。

◆チェックポイント
・ニキビや傷痕にできる褐色の色素沈着からできるもの
・色は赤茶色で、顔のどんな部分にもできます。
・思春期ニキビや傷跡、しっかりケアを行っていなかった人にできやすい。

そばかすができるそもそもの原因とは?

そばかすは、遺伝的なもので起こることがほとんどです。しかし、遺伝と言われたら治らないものだと思ってしまいますよね。ただ、急にできてしまった人もいるともいます。そもそもの原因は紫外線ダメージによるものです。紫外線を長時間浴び、メラニンが過剰に生成されたり、ターンオーバの乱れをおこし、色素沈着してしまいます。

自力でできるそばかすの対策方法5選

日常生活で気を付けることや化粧品やサプリを使って行う対策方法です。医療治療を行うことに躊躇している人は、まず自力でできるものから始めてみましょう。

まずは紫外線対策を!

先ほどから何度も言ってきましたが、まずは紫外線対策を行うことが大切です。肌の内部の働きを破壊するUV-Aから守ったり、しみやそばかすを引き起こすメラサイトの量産防いでくれます。曇りでも紫外線は飛んでいるので、どんな時でも油断してはいけません。焼けているかもと感じたら、日焼け止め塗るなどしていきましょう。

おすすめの日焼け止め

江原道 (コウゲンドウ) ウォータリー UVジェル

江原道 (コウゲンドウ) ウォータリー UVジェルのサムネイル画像
すーっと伸びて肌がワントーン明るくなり、透明感が出ます。
www.cosme.net
練習後顔をみても大きな崩れもなく、焼けている実感もありません。
www.cosme.net

ディシラ プレドミナ フェースプロテクショナー

ディシラ プレドミナ フェースプロテクショナーのサムネイル画像
UVカットも国内最高水準だし、美白もエイジングケアもできて乾燥しらずなしっとり感
www.cosme.net

シミ・そばかすに効くサプリを飲もう

しみ・そばかす効くサプリで肌の内側からケアしていきましょう。即効性などはあまりないですが、継続して飲み続けることで目で見てわかる程度には薄くなります。L-システイン・セラミド・ビタミンE・ビタミンB2など抗酸化成分や肌のターンオーバーを助けるものが含まれているものがおすすめです。

シミ・そばかすに効くおすすめサプリ

【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティア

【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティアのサムネイル画像
ちょこちょことあったそばかすが減った?薄くなった?と思っていた所だったので効果があったのだなと確信しました!
www.cosme.net

[海外直送品] ナウフーズ L-システイン

[海外直送品] ナウフーズ L-システイン のサムネイル画像
飲み始めて10日以上たちましたが顔のくすみがぬけ白くなってきました。そのお陰かシミそばかすも多少薄くなったような気もしなくもなく。
www.amazon.co.jp
シミそばかすは少しずつ消え始め美白になって来た。
www.amazon.co.jp

食べもので内側から美白

普段の食事も意識する必要があります。ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10などがおすすめです。コラーゲンを作ったり、抗酸化作用のある成分が多く含まれています。トマト、ブロッコリー、かぼちゃ、アボカド、ほうれん草、牛肉などが挙げられます。

そばかすに効く化粧品を使おう

そばかすに効く化粧品を選ぶ際は、美白効果、抗酸化作用のあるものを選ぶようにしましょう。ビタミンC誘導体、アルブチン、ハイドロキノンは二つの効果をえることができます。濃いそばかすなども使っていくうちに徐々に薄くなっていきます。

美白効果のある成分別!おすすめ基礎化粧品8選【トラネキサム酸・ハイドロキノン】

メイクでうまく隠すのも大切!

どうしても明日までに隠したいという場合は、コーンシーラやファンデを使うことをおすすめします。塗り方のポイントは、「そばかす」が気になるところに置き、擦るのではなく優しくポンポンするように塗ると綺麗に隠れます。

シミ・そばかすのきれいな隠し方

1)シミやそばかすの気になる箇所に、ポンポン優しくまわりをぼかしていく。
2)濃い部分は重ね塗りして、ぼかしていきます。
3)ファンデーションはこすらずに、軽くのせていきます。

おすすめ化粧品

【TV&MOVIE 】10minミネラルスティックファンデ

【TV&MOVIE 】10minミネラルスティックファンデのサムネイル画像
濃いめのそばかすがあるのでそれを隠すために買いました。そばかすに重ね塗りしてスポンジで馴染ませると結構隠れました。
www.cosme.net
シミ、ソバカスが目立つ色白寄りの肌ですが、良くカバーしてくれます。
www.cosme.net

イプサ(IPSA) クリエイティブコンシーラー EX

イプサ(IPSA) クリエイティブコンシーラー EXのサムネイル画像
よれないし、厚ぼったくならないです。
シミも肝斑もあるのでそれぞれに合った色を作れる所が良いです。
www.cosme.net
頬骨の真上の肝斑みたいなのが、消えます。
www.cosme.net

どうしても気になる場合は皮膚科やレーザー治療へ!

どうしてもすぐに治したい人は、皮膚科やレーザー治療で対処していきましょう。皮膚科やクリニックで処方される薬のメリットやデメリットを解説します。

皮膚科でできる処方

皮膚科でできる処方は、ピコレーザー、フォトフェイシャル、ピーリング、ルビーレーザー、イオン導入、内服薬などが受けることができます。老人性色素班、肝班、炎症性色素沈着に有効なトレチノイン・ハイドロキノンが配合された薬をもらうことができます。ホームケアとして美白美容液も処方されます。

メリット
・治療法も選択肢が多いため、数種類の中から症状に合ったものを選ぶことができます。
・単に色を薄くするだけでなく、肌全体の美しさに配慮した治療が行える。
・自宅ケアの仕方や、スキンケア用品やサプリメントなど適したものを選んでもらえる。
・シミを薄くする治療を行うのと同時に、予防のための治療も行える。

デメリット
・基本的に保険が適用されないために高額になってしまうことが多い。
・薄いシミなどはレーザー治療では認知しないこともある。

クリニックでできる処方

クリニックでできる処方は、レーザー治療、光治療、内服薬、塗り薬があります。トランサミンやビタミンCなどの内服薬やハイドロキノンやトレチノイン配合の塗り薬がもらえます。どちらも肌のターンオーバ促進をサポートしてくれるので、効果を期待できます。

メリット
・皮膚科医のもと、的確な治療が受けられるので、リスクが非常に低い。
・周囲の皮膚組織を傷つけることなく、しみやそばかすを綺麗に取り除くことができる。
・短期間で完全に消し去ることが可能となります。
・個人差はありますが、痛みを感じにくいので受けやすい。

デメリット
・保険適用外となると治療費が高額になるためハードルが高くなります。
・ダウンタイムがあり、人によってはかなり長い時間がかかることもあります。

治療を検討している方は、しっかり専門医のお話を聞いてどんなメリット・デメリットがあるのか詳しく聞いてから受けるようにしましょう!

他にも美白について詳しく知りたい方はこちら!

シミや肌が黒くて悩んでいる方におすすめの美白が叶う化粧品&改善方法を紹介した記事です。最新情報が載っているので参考にしてみてください!

注目の美白化粧水おすすめランキング10選!プチプラからデパコスまで【最新版】
韓国美白コスメ8選!憧れの色白美肌を手にいれよう【2018年最新版】
手のシミの正しい予防&改善方法4選!シミ消しクリーム活用から皮膚科受診まで

他にスキンケアについて詳しく知りたい方はこちら!

正しいスキンケアや肌悩みを解消するおすすめ商品などを紹介しています。毛穴や乾燥のない綺麗な肌に導いてくれます。

口コミで人気の毛穴のお悩み別洗顔フォームまとめ【2018最新版】
酵素洗顔のおすすめ8選!口コミで人気の定番商品からプチプラまでご紹介
乾燥肌対策におすすめの化粧品5選&対策方法!正しいスキンケアで冬を乗り切ろう

まとめ

そばかすをなくすためには、紫外線対策をすることが大切です。症状を悪化させないためにもサプリや化粧品で内側からケアすることも重要となります。すぐに治したい場合は、皮膚科やクリニックでしっかり診てもらいましょう!