自宅できるホームホワイトニングの正しいやり方とおすすめグッズ10選

自宅できるホームホワイトニングの正しいやり方とおすすめグッズ10選のサムネイル画像
「ホワイトニングが家で手軽にできたらなあ…」って思うことありますよね?ホワイトニングには、歯医者で行うオフィスホワイトニング・自宅で行うホームホワイトニング・それらを組み合わせるデュアルホワイトニングがあります。今回は歯磨き粉やマウスピースなど、自宅でできるホームおすすめホワイトニングのやり方や費用、効果について紹介します。楽天やAmazonで買える海外製品まで幅広く紹介いたします。
更新日: 2018年11月06日
目次

自宅でホワイトニングをするメリットとは?

ホワイトニングというと、歯医者で処置するというイメージが強いですよね。しかし、ホワイトニングは自宅でも行うことができます。

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングは、歯医者に何回も通わずに自宅でできるホワイトニングです。方法はとても単純で、マウスピースに薬剤を入れてつけ、一定時間放置するだけです。

ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニングのメリットは以下の3点です。

・オフィスホワイトニングに比べ価格が安い
・歯医者に何回も行く必要がない
・歯の白さが比較的長く維持できる
・自然な白さが得られる

ホームホワイトニングは自分で施術を行うので、オフィスホワイトニングに比べ、価格設定が安くされています。また、白さの持続期間が長く効果も高いため、ランニングコストが抑えられます。ホームホワイトニングは一度、マウスピースを作り薬剤を処方してもらえば、その後は自分で行うので、何回も歯医者に行く必要がありません。忙しい人には便利ですね。

ホームホワイトニングは時間をかけて薬剤を浸透させていくので、オフィスホワイトニングが2~3か月しか持続しないのに対し、ホームホワイトニングは6か月~1年歯の白さを維持できます。また、薬剤が弱いため歯への刺激が少なくすみます。

ホームホワイトニングの薬剤には、過酸化尿素が使われていることが多いです。過酸化尿素は汚れを落とすまでに時間がかかるため、ホームホワイトニングでは薬剤をじっくりと浸透させ歯の内側の汚れを落とします。そうすることで、より自然な白い歯を手に入れることができます。

ホームホワイトニングのデメリット

ホームホワイトニングのデメリットは以下の4点です。

・1回の装着時間が長い
・白くなるまでにかかる期間が長い
・毎日、自分でつけ外しするのが面倒
・飲食制限の期間が長い

オフィスホワイトニングの1回の施術が30~60分であるのに対し、ホームホワイトニングは1日2時間以上つけていなければならないことが多いです。ホワイトニングで使う薬剤は弱いため、歯の白さを実感できるまでに最低2週間はかかります。


オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも、ホワイトニングを行ってから24時間は飲食物の制限があります。オフィスホワイトニングの場合、ホワイトニングをしてから満足するまで1~3回ですむので食事制限の回数も少ないですが、ホームホワイトニングの場合は毎日ホワイトニングを行うので、少なくとも2週間はステインのもとになる飲食物や嗜好品を我慢しなくてはなりません。

ホームホワイトニングに向いている人・向いていない人

ホームホワイトニングに向いている人

ホームホワイトニングには以下のような人が向いています。

・費用を安くすませたい人
・忙しくて歯医者に通えない人、家でホワイトニングをしたい人
・歯の白さを長く維持したい人
・歯を自然に白くしたい人

手間がかかってもいいから、その分費用を安くしたいという人にはいいですね。

一度、マウスピースと薬剤を処方してもらえば、家でホワイトニングできるので、仕事や育児などで忙しくて歯医者に通えない人や、歯医者に通うのが面倒だからむしろ家で行いたいという人にも向いています。ホームホワイトニングは効果が出るまで時間がかかりますが、もちはいいので、長い間、白い歯でいることができます。

ホームホワイトニングに向いていない人

ホームホワイトニングは以下のような人には向いていません。

・とにかく短時間で白くしたい人
・継続が苦手な人、自分で行うのが面倒な人
・タバコを吸う人、飲食の我慢ができない人

ホームホワイトニングは、1回にかかる時間も効果が出るまでの時間も長いので、早く効果を実感したい人には向いていません。継続が苦手な人や自分で行うのが面倒という人は、オフィスホワイトニングを選んだほうがよいでしょう。
ホームホワイトニングは、毎日最低2週間は行わなければならないため、ホワイトニングを行っている期間は、タバコやワインなどのステインのもととなる飲食物も控える必要があります。

ホワイトニング自体が適さない人

・妊娠中、授乳中の人
・無カタラーゼ症の人

ホワイトニングとは、過酸化水素や過酸化尿素といった物質を使って、歯を漂白することです。これらの物質が万が一、ホワイトニングに使用するときの濃度で体内に入ってしまうと、炎症を起こす可能性があります。ホームホワイトニングでもオフィスホワイトニングでも、過酸化水素や過酸化尿素が体内に付着することはほとんどありませんが、妊娠中の方や授乳中の方はホワイトニング自体を控えることをおすすめします。

カタラーゼには、ホワイトニングの薬剤の成分である過酸化水素を分解する働きがあります。カタラーゼがないということは、過酸化水素を分解することができないことです。そのため、無カタラーゼ症の人は、ホワイトニングを行うことができません。

ホワイトニングで白くならない歯

セルフホワイトニングは歯の着色有機質を分解・漂白するので、被せ物や詰め物自体は漂白することができません。他にも、歯の神経の治療をしたことがあったり、神経が死んでいる場合や神経を抜いてしまった歯も白くなりにくいです。このような歯については、ホワイトニングではなく被せ物や、歯のマニキュアをすることで白く見せる方法で対処します。

効果の高い自宅でできるホワイトニンググッズ10選

歯医者の指導を受けて行う「ホームホワイトニング」以外に、市販の商品を使ってホワイトニングを行うこともできます。日本のホワイトニング商品は薬事法の関係で比較的、効果が緩やかに現れる代わりに歯にやさしいものが多いですが、海外の商品は効果が強く出る分、刺激になりやすいです。よく考えて商品を選びましょう。

ホワイトニング歯磨き粉で黄ばみを取る

ステインは普通の歯磨き粉では落ちません。ポリリン酸ナトリウムの配合された、ステインを除去できるタイプの歯磨き粉を使用するとよいでしょう。

また、喫煙者の方は、ヤニを溶解してくれるポリエチレングリコール配合の歯磨き粉効果的。とくにポリリン酸ナトリウムは刺激になりにくく、歯にやさしいので手軽に使うことができます。ただし、どの商品であっても使用頻度をしっかり守って使ってくださいね。

元々の歯の色は、やはりきちんと定期的にホワイトニングするしかないですが、ホワイトニングの持続・維持という点で、この製品は効果を発揮してくれました。日頃のコーヒーなどのお茶でどうしても歯が着色されて行きますが、この歯磨き(ジェルとセットで使用)を使用すると、ホワイトニングのカラーチャートで、1段階白さが戻ります。現在ホワイトニングされていない方でも、この歯磨き粉セットを使えば、本来の自分の歯の白さまでは戻せる可能性があります。価格も高くはないので、個人差はあるかも知れませんが、試してみるのは良いかなと思います。
amzn.asia
継続は力なり!半年以上、毎日使用した結果、主観的にも白く感じましたし、母親からも白くなったと言われました。
www.amazon.co.jp
3週間ほど使い続けていますが、若干白くなっているかな…?劇的に白くなる、という事はないですが、よく紅茶を飲むのでそのわりに若干白くなってる気がするのはこれのおかげだと思います。以前研磨剤入りのホワイトニング系の歯磨き粉を使っていたら知覚過敏になってしまったのですが、これは研磨剤でごりごり着色ヨゴレを落とす、という感じではないようなので今の所大丈夫です。
amzn.asia
何本リピしたかわからないくらい愛用しています。細やかな泡がクセになります。ワインやコーヒーをよく飲むので着色汚れが気になっていたのですが、よく人から褒められるくらい綺麗になりました。
www.amazon.co.jp

研磨剤入りの歯磨き粉でツルリとした歯へ!

・リン酸水素カルシウム
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸
・炭酸カルシウム

などの研磨剤を含む歯磨き粉を使うとステイン汚れが定着するのを防ぐことができます。
ただし、研磨剤は歯にとって刺激になるので、週1~2回程度の使用にとどめましょう。

通っている歯科医からオススメされ購入しました。毎日使うのではなく、普段は低研磨性の歯磨き粉を利用して、数日おきや週末にブリリアントモアを使うようにしています。使用頻度の問題なのか白くなるというよりかは、コーヒーやカレーなどの着色が元に戻るような印象ですが、効果は出ている気がします。
amzn.asia
この歯磨剤を使ったところ、1週間で7割ほどのステインが落ちてくれました。
www.amazon.co.jp

歯の表面についた傷を埋めて汚れや着色をつきにくくする歯磨き剤

ホワイトニング歯磨き粉によく配合されている、ヒドロキシアパタイト(ハイドロキシアパタイト)という歯の表面についた傷を埋めて汚れや着色をつきにくくする成分があります。
歯の一番外側の部分であるエナメル質が削れると、その内側にある乳白色の象牙質の色が見えやすくなってしまいます。

歯の表面を整えることは黄ばみを防ぐことにつながるのです。

歯並びの悪い夫、フロスとリステリンを習慣づけて歯石の付着は減ったものの、コーヒーのステインが気になるとのこと。半年に一度は歯科でクリーニングしているものの、先月クリーニングしたばかりなのにステイン付着がすごい。1回で効果抜群。付いて間もないステインならすぐ落ちる。あまり付着のない私の歯はどんどん白くなってます。ツルツルだし最高。
予防医療、オーラルケア大切。
amzn.asia

発泡剤不使用のジェルで丁寧にブラッシング

大半の歯磨き粉には発泡剤が入っています。発泡剤は泡立ちをよくして口の中をスッキリさせる目的で配合されていますが、その反面磨いたつもりになりやすいです。

そのため、何も付けずに水だけで丁寧にブラッシングしてみましょう。その後、歯磨き粉が歯に満遍なく行き渡るように磨くことで、しっかりと歯を磨くことができます。
水で磨く代わりに発泡剤の入っていない歯磨き粉を使ってみるのもおすすめです。

一般的な歯磨き粉より泡立ちが少ないです。あまりに泡立ってしまうと磨いた気になってしまうのですが、このジェルコートは泡立ちが少ない分、磨き残しが無いように意識してブラッシングできると思います。また、磨いたあとのすっきり感や、舌で感じる歯の艶には衝撃を受けました。歯磨き粉と思うと少々高いように感じますが、満足感は値段以上でした。
amzn.asia

ホワイトニングテープで歯の黄ばみをなかったことに

ホワイトニングテープとは、薄いフィルム状のテープを歯の表面に直接貼って使用するものです。

ホワイトニングテープには、過酸化水素が含まれているものがあります。アメリカではよく使われていますが、日本では薬事法で過酸化水素に取り扱い制限を設けているので、ホワイトニングテープはあまり普及していません。ホワイトニングテープを使いたい方は、個人の責任において個人輸入などを通じて入手してください。

歯の消しゴムで歯の黄ばみを除去

歯の消しゴムとは、スポンジと研磨剤がセットになったもの(一体化しているものもあります)で、研磨剤を歯に塗った後、スポンジでこすって歯を磨いていきます。

値段は1,000円くらいの低価格のものが多く、ホワイトニング用歯磨き粉より手を出しやすいですね。

5分〜10分程かけて軽くこするだけで汚れは落ちましたが、汚れが頑固な部分は少し力を入れてこすりました。もともとの黄ばみには効果がないかもしれませんが、後から付いた(タンニン、ヤニ、ポリフェノールなどの汚れ)は落ちます。

3ヶ月に1回程度使用すれば白い歯が維持できるので助かっています。おススメです。
ttp://amzn.asia/d/j9dhXrj

ホワイトニングをする時に気をつけること

ただホワイトニングをするだけではきれいな歯を維持することはできません。歯を長い間、白く保つために注意したいポイントをご紹介します。

ステインのもとになる飲食物やタバコを控える

ホワイトニングを終えてからも、ステイン(着色汚れ)のもとになるタバコやコーヒー、ワインなどに注意しましょう。控えなくても構いませんが、これらのものを摂取した後、歯に汚れが定着してしまう前に歯磨きやうがいをすることが大切です。

他にもホワイトニングやオーラルケアについて詳しく知りたい方はこちら!

口臭に効くサプリのおすすめ6選!コンビニやAmazonで気軽に買える
体臭に効くおすすめサプリランキング!Amazonや楽天の人気商品まとめ

他にもヘルスケアについて詳しく知りたい方はこちら!

老眼におすすめの口コミで人気のサプリ8選【DHCやiherbまで】
冷え性改善におすすめのサプリ7選!ビタミンEやショウガサプリも

まとめ

歯のホワイトニングは歯医者だけでなく、自宅で行うこともできます。
自分のライフスタイルに合った方法で、きれいな白い歯を目指しましょう!